だいこん

だいこん料理は豊富で意外においしい。料理などの日記、ニュースなど

毛穴汚れや角質のお手入れができ。ニキビは一度治ってもまたできやすい肌トラブルとなります。

症状が治まったからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、すぐにまたニキビはできてしまいます。繰り返し出来ないようにするには、お肌をキレイに保つようにし、不摂生な食事をせず、たっぷりと睡眠を取る事が大事だと思います。



このごろ、ニキビを重曹でケアできるとよく耳にします。ご存知かもしれませんが、重曹は弱アルカリ性なので、油分を分解する性質を持ち、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴汚れや角質のお手入れができ、吹き出物を改善してくれるのではと期待されています。ただし、重曹には研磨効果もあるので、洗顔に使用すると肌を傷つける場合もあるため、試してみる際には、十分に気を付けてください。



にきびが出来た後によくあるトラブルが、肌がくぼんでしまうことや肌が黒ずんでしまうことです。クレーターを治すにはきちんと皮膚科で診てもらわないと完治しませんが、お肌の黒ずみの治療は美白化粧品を使って少しずつ薄くするという対策もあるのです。


ニキビができるのはアクネ菌のせいなので、フェイスタオルやメイク用のスポンジといった肌に触れる物を他の人と共有したり、直接肌が接触してそのまま洗わずにいたりすると、ニキビがうつってしまうことがあります。

また、自分のニキビを触った後で、顔の他の場所に触れると、その場所にもニキビができることがあるでしょう。

過酷な夏が終わってホッと油断している秋口から冬。お肌にとって意外と危ないのは、過酷な夏が終わってホッと油断している秋口から冬、それと季節の変わり目で、この時期、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、荒れて赤くなったりすることもあります。

これらの危険な時期、肌のお手入れは入念に行うようにしていますが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えてオイルの使用も欠かさなくなりました。美容オイルも色々種類はありますがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

シミのない美肌をつくリ出すために大きく役だってくれます。みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、柑橘系の果物に特に多く含まれる一部の成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。美肌やシミ予防を考えて、紫外線を浴びない夜に食べましょう。

肌にシミが増えてしまうと、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。

高齢になっていくにつれて、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、ちょっとした日差しでも油断ができなくなるため、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。手軽な日焼け止めや帽子といったものでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、今までよりももっと摂っていきましょう。




スキンケアで忘れてはいけないことはお肌の汚れをきちんと落としてあげることですよね。

肌を痛めてはしまう洗顔とは肌トラブルの原因となり潤いを保てなくなってしまう、原因となります。可能な限り、優しく包むように洗う念入りにすすぐ、以上のことに注意して洗う洗顔をするようにこころがけましょう。


お肌のシミができるのは年齢によるものや紫外線が大きく関係してできてしまうこともありますが、疾患が原因の一つとして考えられるのです。

もしも、突然シミの増え方が気になってきたというのであるなら、疾患が起る前であったり、すでに疾患が進行している確率が高いため、なるべく早めに病院で相談する必要があります。

温かい飲み物で冷え性対策。冷え性の症状といえば、私の中では「霜焼け」ですが、肌荒れなども冷え性の原因の1つである場合もあるそうで結構奥が深いんだなと思いました。このところ、もしかして冷え症なのか?と感じる事があります。一例では、夏に扇風機に短時間しかあたっていないのに体がぶるっとするような寒さを感じたりするのです。扇風機から遠ざかっているのに寒いのがとれない状態が気になります。冷え性といえば女性に限って出る体の不調だと漠然と思っていましたが、男の子や成人男性でも冷える人は冷えるんだとか。

私自身は冷え症じゃないので冷え性がどういう風になるのがそうなのか知りようがありませんでした。体温が高いからなのか、体の冷えが気になるという感覚が自分にはないものだったんです。冷えがきつい人は、暑さが続くような時でもクーラー対策で、温かい飲み物を飲んだりカイロを貼ったりすることもあるそうです。

冷え対策は、寒い季節だけではダメなんですね。

このページのトップヘ